商標キーワードでのアフィリエイトは2017年でも通用する!?

目安時間:約 9分

メルマガ登録

メルマガ登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*

前回の記事でこのサイトを立ち上げて初めてコメントをいただきました!
美鈴さん、ありがとうございました。

 

せっかくなので、美鈴さんからいただいたコメントを掘り下げてみようと思います。

 

こちらの記事の美鈴さんのコメントとぼくの返信コメントを初めに読んでおいてください。

アドセンスの審査が急に厳しく!初心者はどうする?
このサイトではネットビジネス初心者はとりあえずアドセンスから実践してみることを推奨していますが、半年前ぐらいから急激にアドセンスアカウント取得が厳しくなって...

商標キーワードのアフィリエイトが通用しないなんて嘘!!

前回はとりあえずアドセンスにこだわらずに使えるものを使って稼いでいきましょうというような内容の記事を書きました。

 

そして、アドセンスがどうしても審査に通らないのであれば別のクリック型広告を使ったり、

商標キーワードでアフィリエイトをしてみることをオススメしました。

 

ところが、商標キーワードでのアフィリエイトはもう通用しないという声もネット上では上がっています。

 

ただ、これはあくまでも将来的な話であって、

今すぐ稼ぐのであればまだまだ全然通用します。

 

実際、ぼくが商標キーワードで作成した記事は1記事だけで月に5万前後、

最低でも2万くらいはキープできているものがあります。

 

たった1記事だけですよ?

 

というわけでまだまだ商標は全然イケますし、

もっと力を入れて記事を追加したり、

新規商品をどんどん商標で狙っていけばさらに報酬は増えると思います。

 

このへんはまだ実践に移していませんので、結果が出たらまた報告しますね。

 

1記事だけで5万稼げる!?商標キーワードでの商品選定方法

まず大前提として、

商標で狙うのであれば商品に需要が無ければ商標で検索されることはありませんから

絶対に売れません。
そこで商品に需要があるのかないのかを確かめる必要があります。

 

確かめる方法はいくつかありますのでご紹介しますね。
ぼくが実際に1記事で5万稼いだときの商品選定方法もお伝えします。
※ただし前回の記事でも書きましたが、商標ではない記事数は100~200記事程度はあったほうがいいと思います。というかぼくがそうでした。

 

 

芸能人が起用されている

やはり芸能人は大きな宣伝になります。
自分が知らない芸能人でもファンはたくさんいますので、
そのファンが興味をもって購入する可能性は十分考えられます。

 

また、芸能人を起用するということはそれだけ宣伝にも力を入れているので売れやすいです。

 

雑誌やテレビで広告をうっている

これも同じような理由ですね。
テレビをみるよりもネットの時間のほうが多い方も最近は多いでしょうが、
それでもテレビの影響力はバカにできません。

 

また自分が好きな雑誌で紹介されているとついつい買ってみたくなるという方も少なくありません。

 

殆どの場合LP見れば雑誌で紹介されました!とかテレビで紹介されました!とか書かれているのですぐにわかります。

 

商標で複合キーワードが出てくる

商品名でヤフーやグーグルの検索窓に打ち込んでみてください。
予測ワードが出てきたり、

検索結果に複合キーワードが出てくればそのキーワードでいくつか検索されているということなので需要アリと判断できます。

 

PPC広告を出しているアフィリエイターがいる

最近は商標でのPPC広告NGな商品が多いのですが、

違反しているアフィリエイターは少なからずいます(汗)
違反が広告主にバレれば報酬は無効になってしまうのですが。
逆に考えればリスクを負ってでも稼げる商品という判断ができますね。

 

直接ASPに問い合わせる

これが一番手っ取り早いです。
そして、ぼくが1記事で5万稼いだ商品は直接問い合わせて需要があるか判断しました。

 

聞くときのポイントですが、
商標で月にどれくらい売れているのか、

関連・一般キーワードでどれくらい売れているのかそれぞれ聞くことです。

 

もちろん、絶対に答えが聞けるわけではありません。

 

ただ、最近は親切なASPが多いので、

丁寧なメールを送ればしっかりと答えてくれる可能性は高いと思いますよ。

 

100記事~200記事サイトにあれば、クローズドASPから声がかかることもあるでしょうし、
声のかかったASPなら尚更答えてくれると思います。

 

で、どれくらい売れていたら需要があると判断するのか、なんですが、
あくまでもぼくの基準ですけど商標で50個以上です。

 

初心者が商標で狙う場合のキーワード選定

需要があるとわかったら次はキーワード選定です。
これもアドセンス記事のときと流れは一緒ですね。

 

キーワード選定で重要なのはライバルチェック。

 

記事タイトルに狙うキーワードが含まれているか、文字数はどれくらいか。

 

他にもチェックすべきポイントはありますが、

初心者なら狙うキーワードを記事タイトルに必ず含めて、

上位10サイトよりも文字数は多くすることだけを考えておけばとりあえずオーケーだと思います。

 

基本的には複合キーワードで出てくるキーワードを使いますが、
最初は購買意欲の高いキーワードで狙っていきましょう。

 

購買意欲の高いキーワードとは、
購入・最安値・楽天・アマゾン・ドラッグストア・販売店・店舗・市販
などなど。

 

これらのキーワードは需要の高い商品であればまず間違いなく検索されますし、
そのキーワードでアクセスがあれば売れる可能性は非常に高いです。

 

初心者は新規商品から狙っていきましょう

いくら売れるキーワードで記事を書いてもライバルが強ければ上位表示されずにアクセスが集まりません。
当然売れません。

 

上記の方法で試してみたけどなかなか売れないという場合は、
需要があるかわからないけど新規商品の商標キーワードで狙っていきましょう。

 

博打要素が強いですが、上位表示はされやすいですし、
LPを見たり、販売会社の過去の実績などを参考にすれば

売れるかどうかもなんとなく判断できるようになりますよ。

 

まとめ

・需要がある商品かどうかを調べる
・購買意欲の高いキーワードで狙う
・ライバルに勝てそうかどうかを調べる
・どうしても見つからない、なかなか上位表示されないなら新規商品から狙ってみる

 

 

アドセンス審査がどうしても受からないなら潔く諦めてアフィリエイトをはじめてみるのもいいのではないでしょうか?

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 莉緒 より:

    初めまして♪ランキングからきました。
    商品選定をする上でのキーワードが分かり易く参考になりました。

    またお邪魔します

    • ユウジ より:

      莉緒さん

      はじめまして!
      コメントもらえて嬉しいです。

      キーワードはアフィリエイトをするうえで一番重要な部分ですので是非参考にしてください。

      記事では購買意欲の高いキーワードから狙うことを推奨していますが、副作用・危険・効果なし・嘘などのネガティブキーワードで狙うのもアリです。

      ネガティブキーワードで検索する人というのはその商品に興味があるけど、実際のところどうなのか、買って大丈夫なのかを知りたいという方が多いんですね。

      つまり、その不安要素を取っ払ってあげれば売れるということです。

      この商品の口コミは嘘だから、別のこの商品が良いよ、みたいな記事は絶対にNGですよ(笑)

      こういうふうにキーワードを悪用する方も一定数いるのでネガティブキーワードNGの案件もあります。取り扱いには気をつけましょう。だから記事にはしなかったのですけどね。

      ただ、せっかくコメントいただけたのでネガティブキーワードも紹介させていただきました。

      こちらも参考にしてみてくださいね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

l_094
ユウジです。
ラクしてお金を稼ぐことだけを考えて生きてきました。
そんなぼくが辿り着いた手法がアドセンスでした。

詳しくはこちら

最近の投稿
人気記事ランキング
カテゴリー
よろしければブログ投票お願いします
アーカイブ
検索
メタ情報

ページの先頭へ