ワードプレスのテンプレートは無料のこれが最高

目安時間:約 4分

メルマガ登録

メルマガ登録フォーム
姓名 (姓)  (名)
メールアドレス*
ba707b45043e0d45c0d011944178e4d5_s

ba707b45043e0d45c0d011944178e4d5_s

ユウジです。

前回の記事は読んでいますか?
まだなら絶対読んでくださいね。

エックスサーバーにワードプレスをインストール手順解説【超簡単】
前回までの記事はすでにお読みいただけたでしょうか? これらを全て完了させてから今回の手順に移ってくださいね。さて、ついにワードプレスのインストールです。エック...

さて、
ぼくは長い前置きが苦手なので
さっそくワードプレスのおすすめテンプレートをご紹介します。

無料だけど最強のワードプレステンプレート

もしかすると、有料のテンプレートを売りつけられるのではないかと
そわそわしている方がいらっしゃったかもしれませんね(笑)

でも、はっきりいってテンプレートは無料ので十分です。

さっそくご紹介しましょう。

ぼくが現在愛用中の激しくお勧めのテンプレートが

Simplicityです。

Simplicity
Wordpressテーマ「Simplicity」を作成しました。 Simplicityには主に、以下の7つの特徴があります。 シンプル 内部SEO施策済み 拡散のための仕掛けが施されている ...

もうね、これほんとうに最強だと思いますよ。

まず設定が簡単。
これ初心者の方には特に大事です。

面倒くさいと作業を継続する妨げになってしまいますからね。

ぼくがアドセンスを始めた頃はワードプレスも完全に初心者だったので
高機能だけどごちゃごちゃしたテンプレートというのは
非常に使いにくいんですね。

でもSimplicityは必要な機能はありつつも、
高機能過ぎずに初心者も使いやすく、
それでいて初心者がやりたいことのほとんどが出来てしまうという

シンプルさとカスタマイズ性のバランスが最強なんですね。

見た目もコンテンツの記事に集中しやすい見た目になっており、
The・ブログ!みたいなデザインが個人的にツボです。

また、SEO対策・レスポンシブデザイン・SNS連携なども万全です。

レスポンシブデザインってのは要するにパソコンで見た見た目とスマホで見た見た目が自動で切り替わるデザインのことです。

前までは準レスポンシブデザインで4つのパターンだったのですが、
今では完全レスポンシブデザインへと進化しており、
画面サイズにピッタリと変換されるようになっています。

正直テンプレートをインストールしたら何も弄る必要はないですよ。

素の状態でオッケーです。

まあ、ヘッダー画像がないと寂しいのであれば入れてもいいですけど、
少なくともアドセンスの審査が通っていない状態では入れないほうが無難です。

で、実際のやり方なんですが、

ぶっちゃけ公式サイトの説明がわかり易すぎるので、
ぼくが説明するまでもないというか、
かえって分かりにくくなるのではないかと思ってしまいましたので、
公式サイトを見ながら導入してください。

Simplicityの初期設定・おすすめの設定
WordpressテーマSimplicityを利用するために、まず行う設定について解説します。 追記:以下の記事も書きました。用途に応じて逆引きで記事を探せるまとめになっていま...

あ、ちなみにぼくのアドセンスブログもヘッダー画像とか入れてないので、
やっぱり必要ないと思いますよ。

入れたければどうぞって感じです。

あと、ほとんどの方は問題ないとは思いますが
万が一わからないというのであれば
Simplicityのサポートフォーラムから質問してみましょう。

Simplicityサポートフォーラム
Simplicityに関する質問、カスタマイズに関する質問、不具合報告、要望など、Simplicityユーザーのためのフォーラムです。当フォーラムをご利用になる前に必ず以下の内...

無料なのにここまで手厚いサポートが用意されているって本当に凄いです。

遠慮せずに活用させてもらいましょう。

さて、テンプレートの適用なんて作業は簡単ですぐに終わるはずなので、
これが終わったら記事を更新してみましょうね。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

l_094
ユウジです。
ラクしてお金を稼ぐことだけを考えて生きてきました。
そんなぼくが辿り着いた手法がアドセンスでした。

詳しくはこちら

最近の投稿
人気記事ランキング
カテゴリー
よろしければブログ投票お願いします
アーカイブ
検索
メタ情報

ページの先頭へ