外注化の方法やコツが一発でわかる、でも誰もやらない方法

目安時間:約 4分
d95b83cb9030d0ee72dfec36d62808ed_s

ユウジです。

 

前回外注化する前に押さえておくポイントをご紹介しました。

アドセンス作業を外注化する前に必要な6項目とは?
どうも、ユウジです。久しぶりのメルマガ配信となってしまいましたが、先日ご紹介したGAMCはすでにご覧になっていますか?一部の方にはステップメールが配信されていな...

 

これらを押さえておけば外注化を始めてもいいのですが、

中にはなかなか踏み切れない方もいるんですね。

 

それはやっぱり募集方法とか、

単価とか、外注さんとのやりとりだったりとかが初めてなのでまだよくわからないからだと思います。

 

そこで、今回は実際に外注化してみようと考えているけどまだ実践出来ない方へ、
これをやれば一発でわかるよ!という方法をご紹介します。

 

誰でも簡単に外注化のイロハを学ぶには?

この方法なんですけどね、先に答えを言っちゃうと
自分が募集しようとしている仕事と似たような案件を応募して実際に仕事を受けるという方法です。

うわ、めんどくさ!って思ったあなた!

 

正直でよろしい(笑)

 

でもですね、

一度自分が外注さんの立場になってみるという経験はかなり重要なんですね。

 

長期的に外注さんを雇って自動化していきたいと考えている方は是非トライしていただきたいです。

 

発注者がどんな文面で募集しているのか、

発注者の実績は?プロフィールは?募集人数は?単価は?納期は?応募文に求められている項目は?発注者とのやり取りは?などなど、

自分が外注の立場にならないとわからないことが一発でわかります。

 

発注者に不満があれば、そこをどうしてほしかったのか、

改善策を自分の中で整理して自分が発注者になるときに生かせばいいですし、

良い発注者であれば出来る限り取り入れていけばいいのです。

 

最初からいきなり外注さんを雇ってもいいのですが、
個人的には一度だけでもいいので経験しておくことをおすすめしておきます。

 

アルバイトの経験が社会人として働くときにも少なからず役立っていることってあると思うんですが、

それと同じような感じで捉えてもらえればと。

 

これから自動化を考えている方は出来る限り良い外注さんを見つけたら逃さないように

良い関係を築けるようにしなければいけません。

 

そのためにも、

まずは自分が同じ立場になることで少しでも外注さんの気持ちがわかるようになっておきましょう。

 

でも、これを言ってもなかなか実践する人はいないと思います。
なぜなら面倒くさいから(笑)

 

だからこそ、

長期的に稼ぎ続けたい方は実践してみてくださいね。
一応お小遣い稼ぎにもなりますので、

全くの無駄になることはないですし。

 

それでは

 

 

ユウジ

アドセンス作業を外注化する前に必要な6項目とは?

目安時間:約 9分
98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

どうも、ユウジです。

 

久しぶりのメルマガ配信となってしまいましたが、
先日ご紹介したGAMCはすでにご覧になっていますか?

 

一部の方にはステップメールが配信されていなかったようですので、

もし、まだご覧になっていない方は、
こちらからご覧くださいませ。
GAMC特典

 

さて、アドセンスの結果はこちらのGAMCやメルマガ、

ブログなどでお伝えしてきた内容を実践すれば間違いなく出せると思いますので、
これからはメインコンテンツである

 

「外注化」
これについて情報発信していきます。

 

もちろん、アドセンスの細かなテクニックや記事作成のコツ、

効率化するための情報なども不定期ですが配信していきます。

 

ですが、このメルマガをお読みになっている方のほとんどが
アドセンスで結果を出したいというよりも、
自動で報酬が入ってくる仕組みを作りたいという方だと思いますので、
そのための情報をお届けしていきます。

 

ただし、GAMCの特典として提供させていただきましたぼくのノウハウの全てを出してしまうと、

購入いただいた方に申し訳ないので、その点はご了承ください。
特典を手にされた方も復習用コンテンツとしてご利用ください。

 

外注化する前に必要なこととは?

それではタイトル通りですが、
アドセンスを外注化する前に何が必要なのでしょうか?

 

ざっと挙げてみましょう。

 

・外注化するタイミング
・一定の収入がある
・外注を募集するためのサイトに登録しておく
・募集文面を作成する
・外注費
・外注さんにお渡しするマニュアル

 

などなど。

 

1つずつ見ていきましょうか。

 

まず「外注化するタイミング」。
これは明確にしなければ
もう少し稼げるようになってからでいいやと後回しにしてしまうから重要です。

 

外注化は最初はたしかに面倒ですし、
実践もこなしつつ外注化の仕組みづくりも平行してやるのは
なかなかにしんどいかもしれません。

 

なのでついつい後回しにしてしまいがちです。

 

ですが、それではいつまでたっても自分が作業し続けなければなりません。
つまり、働かないでお金を稼ぐことが出来ません。

 

何のためにこのメルマガを読んでいるのかわけがわかりませんので、
まずは外注化するタイミングを自分の中で明確にしておきましょう。

 

ぼくは1円でもいいからアドセンスの報酬が発生したら
外注化することを推奨しています。
ぶっちゃければ1円も稼いでいなくても外注化してしまってもいいとすら思っています。
(ただ、この場合は何らかの教材を購入している方に限ります。

間違ったノウハウで外注化しても結果は出ないので)

 

稼げるようになってから外注化するのではなく、
稼ぐスピードを上げるために外注化するということですね。

 

いつまでたってもなかなか結果が出ないと
モチベーションも下がってしまいますからね。

 

最初の頃は多少赤字でも、
アドセンスの結果が出てくればモチベーションは維持出来ますし、
徐々に自分の作業時間を減らすことが出来るようになります。

 

赤字になるのがどうしても嫌だという方は稼いだ分を外注費に回すようにすればいいです。

 

だいたい月に5000円ぐらい稼げるようになってきてからですかね。

 

こういう具体的な外注化するタイミングを自分の中で決めておきましょうということです。

 

これは「一定の収入がある」も同じような話ですが、
ようは外注費を賄える手段があるかどうかということですね。

 

「外注を募集するためのサイトに登録しておく」ですが、
ぼくはクラウドワークスをおすすめしています。

 

ランサーズやシュフティなどもほとんど同じですので、好みでいいと思いますが
いずれは@SOHOで募集出来るようになるほうが何かと良いです。(仲介手数料がかからないため)
ただ、少し手間がかかります。

 

ですので最初の頃はクラウドワークスだけで十分。
まずはクラウドワークスを使いこなせるようになりましょう。

 

一つのサイトを使いこなせるようになれば、
自然と他のサイトも使いこなせるようになります。
これはどのサイトも似たような作りになっているためです。

 

「募集文面を作成する」ですが、
最初は記事作成の外注化だけで十分ですので、
こちらの募集文面を作っておきます。

 

どんなものを書けばいいのかわからない場合は
他の人の募集文面を参考にしてみましょう。

 

「外注費」ですが、
これは「一定の収入」と被りますが、
毎月いくらを外注費に使うかを決めておくということです。

 

副業で実践されている方がほとんどだと思いますので、
個人的には副業で得た金額から

サーバー代やドメイン代を差し引いた全ての金額を外注費に回すべきだと考えています。

 

それぐらい思い切らないと稼ぐスピードも金額も大きく変わってきます。
のんびりとゆっくり稼ぎたいという方もいると思いますし、
外注さんを増やせばその分外注管理が大変にもなるので、

お好みで決めてしまっていいと思います。

 

最後に「外注さんにお渡しするマニュアル」ですね。
これは作るのはなかなか面倒くさいのですが、
一度作っておけば今雇っている外注さんがやめてしまっても、
別の外注さんにマニュアルを渡せば改めて作業の説明をする必要がなく、
結果的に手間を省くことが出来るんですね。先ほどあげた外注管理が随分とラクになるのです。

 

ほとんどの方が何かを実践するときに教材を購入してると思うのですが、
何度か読み返すことありますよね。

 

でもその時って最初から最後までは読み返さないと思います。

 

部分的に読んで作業を確認するわけですね。

 

ではその読み返すときに外注さんにお渡しするマニュアルを作ってしまいましょう。
教材では作業の説明は冗長になりがちですので、
教材よりもより簡潔に作業する内容をまとめておけばいいのです。

 

GAMCではユウジ特典として「外注さんにお渡しするマニュアル」を付けていますが、
今後使えると思った教材があれば紹介することもあると思います。

 

その時に、「外注さんにお渡しするマニュアル」を作るようにしておけば
どんな教材でも外注化出来るようになります。

 

教材のノウハウの検証としても使えるでしょうね。

 

おわりに

以上、外注化する前に必要なことをご紹介させていただきました。
いかがでしたか?

 

すぐに外注化しようと考えていた方はまず今回の内容をじっくりと読み込んで、
そこから外注化へと作業を進めていってください。

 

それでは

 

 

ユウジ

アドセンスサイトの承認方法【絶対に行ってください】

目安時間:約 3分
e3c9afb8fa0c923ce7c1e03647d69b68_s

アドセンスの二次審査も終了して、無事サイトに広告が表示されるようになったら、
サイトの承認というものを必ず行わなければいけません。

 

何故こんなことをするのかというと、
広告コードを自分ではない第三者がアドセンスの規約に反したブログなどに広告を貼って
アカウントの停止をさせるという不正防止が主な目的です。

 

アドセンス狩りと呼ばれることが多いですね。

 

せっかく収益が上がってきたのに、
いたずらで全てが台無しになってしまうのを防ぐためにも
サイトの承認は必ず行うようにしましょう。

 

サイト承認までの手順

確認済みサイトを承認するために、

まずはアドセンスの管理画面へログインしておきます。

 

管理画面から右上のほうにある歯車アイコンをクリックし、
設定をクリックします。

 

サイドバーになるサイト管理(自分のサイト)をクリックし、
「自分のサイトのみ自分の広告コードの使用が許可されています」

にチェックを入れます。

 

続いて自分のサイトのURLを入力し、

サイトを追加をクリックします。

 

これでサイトの承認は終わりです。

 

新たにアドセンスサイトを立ち上げた場合は、

同ページの右上にあるプラスマークをクリックして、
同じようにサイトのURLを入力して、サイトを追加で無事に承認が完了します。

 

たったのこれだけで終わる簡単な作業なので、
アドセンス二次審査が終わったらすぐにやっておきましょうね。

 

ここまで終わればアドセンスを始められる準備が全て完了したということです。

 

お疲れ様でした。

 

今後はアドセンスを実践するうえで気をつけるポイントや、
外注化の流れなど実践的な内容をお届けしていきます。

 

こちらも見逃さずにチェックしておいてくださいね。

 

メルマガではブログよりも早く、

より詳細な内容もお届けしています。

 

こちらも合わせてどうぞ↓

アドセンス二次審査への申請方法【注意点アリ】

目安時間:約 5分
2444c4374b21d74e930c2d7d4aca878e_s

アドセンスの1次審査には申請しましたか?

 

アドセンスの一次審査に申し込むやり方【絶対に通る!】
いよいよアドセンスのアカウント申請まできましたね。アドセンスのアカウントを取得するには二次審査まであるのですが、今回は一次審査です。とはいっても、二次審査は...

 

申請後、数日経つとグーグルからメールが届きます。

 

一次審査に合格するとこんな感じのメールが届きます。
スクリーンショット 2016-07-09 5.20.33

 

メールの内容はたびたび変更されるようなので、

似たような文面のメールであれば合格したということです。
もし合格出来なかったのであれば、

こちらの記事を見て、見落としがないか確認してください。

【これでバッチリ】アドセンスの審査に余裕で通る記事とは?
アドセンスに申し込むには自分のサイトやブログが必要です。ですが、立ち上げただけで中身の無いものだと審査に通らないんですね。審査に通るためには最低でも10記事は...
アドセンスの運営者情報に載せなければならない3項目
アドセンスの審査に申し込む前に、10記事程度を毎日更新しなければならないのですが、順調に進んでいるでしょうか?ですが、審査に通るにはそれだけではありません。運...

 

さて、ここからは二次審査の手順となります。
といってもやることはアドセンスの広告を実際に貼り付けるだけです。
なのですが、

ぼくは二次審査に受かるまでに結構時間がかかってしまいましたので、
この手順通りに進めていくことをおすすめします。

 

アドセンス二次審査に合格するまでの手順

先ほどのメールの「今すぐ利用を開始」をクリックして、

アドセンスの管理画面へと移ります。

 

利用規約の内容をチェックして、

同意にチェックを入れ「「AdSenseアカウントに移動」へと進めます。

 

その後「今すぐ開始」をクリック。

 

アドセンスの管理画面から「広告の設定」をクリックし、

「新しい広告ユニット」をクリック。
次に、広告の名前を入力します。
名前ですが、

サイト名と広告の場所にしておくといいでしょう。
広告の場所ですが、

記事中とか記事下とかmoreタグの下とかです。
実際ぼくはこの3種類にしています。

 

次にサイズを決めます。
サイズですが、

どれがいいかははっきりいってわかりません。

 

ぼくはレクタングルにしていますが、

自動サイズレスポンシブも悪くないと思います。

 

今後検証して、

何かしらの結果が出たらシェアしようと思いますが、
サイトやブログの作りによって変わると思うので、

ご自身で検証するのが一番だと思います。

 

どれにすればいいのかわからなくて迷ってしまう方は、

ぼくと同じレクタングルにすればいいと思います。

 

広告の名前とサイズが決まったら、

「保存してコードを所得」をクリック。

 

広告コードを選択してコピーし、

ブログに貼り付けます。

 

二次審査での注意点

ブログに貼り付けるときの注意点ですが、
必ず「スポンサーリンク」か「広告」と表記してください。

ぼくはこれを忘れており、

しばらく審査に通ることが出来ませんでした。

 

審査に通りませんでしたというメールも来なかったので、
結構焦りましたが、

自分で気づけたのでよかったです。

 

広告コードを貼り付けるときに、

コードの上に記載しておけば表記されるので忘れないようにしてくださいね。

 

2次審査の申請はこれで無事に終了です。

 

審査に通るまでは、

広告は表示されず空白のままです。
無事に広告が貼れているのか不安になりますが、
審査に通ればちゃんと広告が表示されるようになります。

 

あ、もちろん二次審査中も記事の更新は毎日忘れずにしてください。
1日忘れたからといって落ちるということはないと思いますが、
アドセンスで稼ぐためにも記事の更新は欠かせませんので。

 

二次審査に通り、

広告が表示されるようになったらサイトの認証が必要になります。

 

これが完了すればアドセンス報酬が発生するようになるので、
必ずやっておきましょうね。

アドセンスの一次審査に申し込むやり方【絶対に通る!】

目安時間:約 3分
a7d946acd84e8c3db4d08c4ff3240ed2_s

a7d946acd84e8c3db4d08c4ff3240ed2_s

いよいよアドセンスのアカウント申請まできましたね。

アドセンスのアカウントを取得するには二次審査まであるのですが、
今回は一次審査です。

とはいっても、二次審査は正直楽勝なので、一次審査さえ通ればこっちのものです。

一次審査に通るためにはブログに記事を投稿していること、
そして運営者情報を記載していることが必要です。

まだお済みでない方はこちらの記事を参考にしてくださいね。

【これでバッチリ】アドセンスの審査に余裕で通る記事とは?
アドセンスに申し込むには自分のサイトやブログが必要です。ですが、立ち上げただけで中身の無いものだと審査に通らないんですね。審査に通るためには最低でも10記事は...
アドセンスの運営者情報に載せなければならない3項目
アドセンスの審査に申し込む前に、10記事程度を毎日更新しなければならないのですが、順調に進んでいるでしょうか?ですが、審査に通るにはそれだけではありません。運...

上記の記事をチェックしたら、実際にアドセンスの一次審査の申請へと進めていきます。

グーグルアドセンスの一次審査へ申し込む

まず、こちらのアドセンスアカウントの申請ページへ飛びます。
そして「お申し込みはこちら」をクリックします。
スクリーンショット 2016-07-06 23.07.03
すでにグーグルアカウントにログインしているとこのような画面になりますので、「はい」をクリックします。
スクリーンショット 2016-07-06 23.07.33

ウェブサイトの項目にはアドセンス用のワードプレスブログのURLを入力します。
コンテンツの言語は日本語にします。
入力したら「次へ」をクリックします。

国または地域は「日本」を選択。選択後にタイムゾーンが東京へと切り替わります。
アカウントの種類は「個人」を選択しておきます。

画面下の方にいき、お支払受取人の名前、町村、番地、市区、電話番号の正確な情報を入れます。
これが間違っていると報酬が受け取れない場合があるので、
必ず本当の情報を入れてください。

報酬が受け取れる金額までになると、グーグルから住所確認のお手紙が発送されますからね。

Adsenseを知ったきっかけは何ですか?の項目、そしてメールサービスの設定を選びます。
こちらはお好みで構わないです。

全て入力したら「お申込みを送信」してアカウントの申請は完了です。

これで一次審査が行われ、無事に完了すれば二次審査へと進めていきます。

「お申込みを送信」後も毎日記事を更新し続けるのがポイントです。

アドセンスを実践するうえでも大事なことですので、
今から毎日記事を更新することを習慣化しておきましょう。

この後に数日経てばグーグルから審査の結果がメールで送られてきます。

このブログの通りの手順でやれば問題なく審査には通るのでご安心くださいね。

それでは二次審査もらくらく通過してしまいましょう。

アドセンスの運営者情報に載せなければならない3項目

目安時間:約 3分
cbbe1fbdd79871680e400269186dc14b_s

cbbe1fbdd79871680e400269186dc14b_s

アドセンスの審査に申し込む前に、
10記事程度を毎日更新しなければならないのですが、順調に進んでいるでしょうか?

【これでバッチリ】アドセンスの審査に余裕で通る記事とは?
アドセンスに申し込むには自分のサイトやブログが必要です。ですが、立ち上げただけで中身の無いものだと審査に通らないんですね。審査に通るためには最低でも10記事は...

ですが、審査に通るにはそれだけではありません。

運営者情報を記載する必要があります。

これが記載されていないとアドセンスの審査には通りませんので、
必ず確認しておいてくださいね。

とはいえ、大したほどのものではありません。

アドセンスの運営者情報に書く項目はたったの3点

  • ブログ・サイトの運営者名
  • メールアドレス
  • プライバシーポリシー

3点だけです。

運営者名は本名じゃないといけないの?と不安に思う方もいるでしょうが、
ご安心ください。

ペンネームで問題ありません。

メールアドレスは普段自分がよく使うものでもいいですし、
アドセンス用のものでもいいです。

忘れがちなのがプライバシーポリシーです。

一体何を書けばいいのか、よくわからないですよね。

この辺りはアドセンス プライバシーポリシー 例文などで検索すると
参考になるテキストが出てくるので、
それを少し自分の言葉にして使いましょう。

コピペでも問題ない場合もありますが、
少し変えたほうが無難です。

これらの項目をひとまとめにして、運営者情報という固定ページを作り
誰が見てもわかりやすいようにしておきましょう。

ワードプレスの設定画面から固定ページ→新規追加で作成出来ます。

タイトルを運営者情報にして本文に先ほどの項目を入力すればいいです。

おすすめしたテンプレートならそれだけで追加されると思いますので、
簡単ですね。

おすすめのテンプレートについてはこちらの記事でご確認ください。

ワードプレスのテンプレートは無料のこれが最高
ユウジです。前回の記事は読んでいますか?まだなら絶対読んでくださいね。さて、ぼくは長い前置きが苦手なのでさっそくワードプレスのおすすめテンプレートをご紹介し...

さて、これでいよいよアドセンスの申し込みの準備が整ったと思います。

次からはいよいよ申し込みの手順になります。

審査には数日かかるので、その間も記事を更新するのをお忘れなく!

アドセンスアカウント取得まであともう少しですので、頑張りましょう。

【これでバッチリ】アドセンスの審査に余裕で通る記事とは?

目安時間:約 5分
22fa53edc162fbda27d80ffd99580d01_s

22fa53edc162fbda27d80ffd99580d01_s

アドセンスに申し込むには自分のサイトやブログが必要です。

ですが、立ち上げただけで中身の無いものだと審査に通らないんですね。

審査に通るためには最低でも10記事は投稿した状態で審査に出しましょう。

ぼくのブログを最初からここまで読み進めてきた方ならワードプレスブログは立ち上がっているはずですね。
このワードプレスブログに記事を投稿していきます。

もし、この記事からぼくのブログに訪れた方ならこちらの記事から順番通りに作業を進めてください。

おばあちゃんでも出来た!ワードプレスブログの開設手順!
アドセンスで必要になるのが記事を投稿するためのブログです。ぼくはアドセンス用ブログとしてワードプレスで作ることをおすすめしています。始めるまではワードプレス...

そうすればワードプレスが立ちあがっている状態になっているはずです。

アドセンスのアカウントを取得するだけなら無料ブログで十分と言う方がいるかもしれませんが、せっかく長く運営していくブログなのでワードプレスで作成したほうがいいです。

わざわざ審査用のブログを作るのもかえって手間ですので。

アドセンス審査用の記事の内容は?

さて、気になるのが用意する記事の内容ですよね。

すでにアドセンスノウハウをお持ちの方であれば、
実践していく内容で記事を更新していけばいいと思います。

ですが、まったくの初心者の方は簡単な日記記事を書くことをおすすめします。

特に記事を書くことに慣れていない方は日記記事で書くほうが書きやすいですし、10記事も投稿すれば自然とワードプレスの使い方もわかってくるのでおすすめですね。

アドセンスの審査に通るための最低限の文字数は?

10記事は最低でも必要だと言いましたが、
さすがに2,3行程度の記事を10記事用意しても残念ながら審査には通りません。

1記事に最低でも600文字以上は書いてください。

※追記
最近は600文字程度では審査に落ちることも少なくないようなので、1000文字以上は書くようにしてください。

え、結構大変ですか?

最初はそんなもんです。でもアドセンス用の記事で600文字ってかなり少ないほうなんですよ。
ここは慣れるしかないです。

文字数はこういうもので確認するといいですね。

文字数カウント

ぼくはMacを使っているのですが、文字数を調べるときはpop clipというアプリを使ってます。
ドラッグするだけで文字数がわかるだけでなく、検索やコピーなど色々出来るスグレモノです。

こんな感じ。
スクリーンショット 2016-07-02 3.02.11

スクリーンショット 2016-07-02 3.00.52

Macユーザーにはオススメ!

アドセンス審査用記事を書くときの注意点

アドセンスでは以下のコンテンツが禁止となっています。

アダルト コンテンツ
個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
著作権で保護されているコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
アルコールおよびタバコに関連したコンテンツ
ヘルスケアに関連したコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)
Google ブランドを使用しているサイト
暴力的なコンテンツ
武器および兵器に関連したコンテンツ
不正行為を可能にするコンテンツ
違法なコンテンツ

詳細はこちらに記載されているので、
記事を書く前にしっかりとチェックしておきましょう。

https://support.google.com/adsense/answer/1348688?hl=ja&ref_topic=1271507#Healthcare-related_content

特にお酒系やヘルスケア系は違反しがちなのでご注意を。

これは審査に通った後でも守らなければいけませんので、
頭に叩き込んでおきましょう。

また、記事内に画像や動画、リンク等は無いほうがいいです。

基本、審査用記事は文字だけです。

味気ないブログになってしまいますが、
審査に通るまでは我慢しましょう。

また、有名人の名前やお店の名前などの固有名詞系も避けたほうが無難です。

そして意外と忘れがちなのが10記事は一気に投稿してはいけません。
1日1記事投稿していってください。

毎日更新し続けているブログだと思ってもらうことが重要なので、
ここは守るようにしてくださいね。

アドセンスの実践も1日1記事が基本なので、練習だと思って頑張りましょう。
もちろん、審査に申し込んだ後も記事を更新し続けます。

プロフィール

l_094
ユウジです。
ラクしてお金を稼ぐことだけを考えて生きてきました。
そんなぼくが辿り着いた手法がアドセンスでした。

詳しくはこちら

最近の投稿
人気記事ランキング
カテゴリー
よろしければブログ投票お願いします
アーカイブ
検索
メタ情報

ページの先頭へ